医療法人つくしんぼ会

在宅医療・介護・看取り・医療法人社団 つくしんぼ会

つくしんぼ通信
HOME >  つくしんぼ会について  > つくしんぼ通信

つくしんぼ通信 令和元年11月号


11月16日土曜日は公開講座 テーマは「薬の話あれこれパート2」
11月16日土曜日午後1時30分より恒例公開講座を催します。今回は前回パート1が好評につき「薬の話あれこれパート2」です。内容を一部紹介しますと
・骨粗鬆症治療薬を使用していると歯科治療を嫌がられるのはなぜ。骨密度の意味。
・抗癌剤はどうやって効いているのか。なぜ副作用が強いものが多いのか。
・治せる認知症とは。認知症の意味を知って治療を考えてみよう。
・糖尿病の人は認知症になりやすいのか。糖尿病治療は薬も考え方も新しくなった。
・喫煙を止める治療が保険でできるのはなぜ。治療薬はどんなものか。
・古今注目される日本人の開発した薬が凄い。
等々様々な話題を提供します。

インフルエンザ予防接種のご案内
インフルエンザの予防接種が始まりました。今年は流行が早くやってきそうだということで例年より早めに接種される方が多くなっています。ワクチンは板橋区の場合65歳以上の方には半額公費補助が使え2500円で接種できます。市区町村により補助の形式は異なりますが、23区内どちらの医療機関でも接種できます。当院で全額自己負担の方には3600円(税込)で接種しています。
ワクチンは接種後2週間ほどで効果を発現し始め、その後約4~5か月効果を持続するとされています。 インフルエンザは変異しやすくいろいろな株が存在しますが、ワクチン製造過程においても同様な現象が起きるようで、製造前に予定していたものと出来上がった製品が異なってしまうこともあります。そうした場合は大量に廃棄となりワクチン供給が滞る事態を生じます。今年は今のところ供給は確保されており希望者には接種が可能です。年齢が上がるとインフルエンザが重症化しやすく命を奪う場合もあります。今まで罹ったことがないからやらないと言う方も考えてみてください。


令和になってつくしんぼ会に新人職員が4人入職しています。興味のある方は探してお声掛けください。明るい笑顔だけお返し致します。