医療法人つくしんぼ会

在宅医療・介護・看取り・医療法人社団 つくしんぼ会

つくしんぼ通信
HOME >  つくしんぼ会について  > つくしんぼ通信

つくしんぼ通信 令和2年6月号


板橋区区民健診が8月17日(月曜日)から実施されることになりました
8月17日より板橋区住民健診が実施されることになりました。健診の「受診券」は7月以降に郵送配布されます。健診がいつまで行われるのかについてははっきりしませんが、例年の5か月間より大幅に短縮されるものと思われます。さらに10月には新型コロナの第2波が予想されていることや、10月から始まるインフルエンザワクチンの早期接種が今年は推奨されていることなどから10月は健診実施は困難と思われます。実際には8月9月の2か月間が実施期間と考えた方がよいでしょう。今年に限り、新型コロナ感染防止の観点から、健診は通常の外来時間以外の専用時間帯に行います。必ず予約をお願いいたします。健診専用時間帯については別途ご案内します。

当院で新型コロナウイルス抗体検査を始めました
当院では抗体検査ができます。検査には微量の血液を検体として用い、約20分で結果が得られます。抗体検査の陽性者は症状の有無にかかわらず既に感染した経験があり、体にウイルスと戦うための免疫力を獲得しているということですから、今後感染する可能性が低いと判断されます。陰性の場合は感染したことがなく、新型コロナへの免疫力を持っていないので今後も感染防護措置を強く行っていく必要があります。PCR検査はウイルスそのものを測っているので現在の感染の有無と、他人へ移す可能性の有無を判定できます。似ているようで少し目的の異なるものと言えます。PCR検査は検体採取の際感染の恐れがあり、結果の判明に数日を要しますが、抗体検査は検体採取が比較的安全で、尚且つ20分という検査時間は魅力的です。また、抗体検査で陽性の場合はほとんどの人が治癒後のため、PCR検査と異なり隔離措置などはありません。またPCR検査と違って症状があることや、濃厚接触の可能性などの条件を満たす必要はなく、いつでも気軽に調べることができます。抗体検査は感染早期に上昇する免疫グロブリンMと長期的免疫に関与する免疫グロブリンG
全額自費で15000円(税込み)ほどの検査費用が必要です。

8月の盆休み期間中の外来診療のご案内
8月は14日(金曜日)の午後と15日(土曜日)のみ外来を休診と致します。その他の日は通常通り営業します。